ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

テンプレコースを準備

デートの定番・渋谷のハチ公前交差点

テンプレートコースを準備する。

セフレ攻略には必須のプランです。

何のことかピンと来た人はセフレ作りの素質があります。
ピンと来ない人はテンプレートコースの意味を理解して、セフレ攻略に活かしてみてください。

自宅ではなくラブホを利用

セフレ女性と行くラブホテル

まず、セフレ攻略に必須となるのがラブホテルです。

身近な女性とセフレ関係になる場合は、自分の部屋に呼ぶことも選択肢になります。
しかし、身近な女性をセフレにするのは様々なリスクがあるのでおすすめ出来ません。

セフレを作るなら出会い系やアプリで出会った女性が最適でしょう。

ですが、いくらセフレ候補の女性だからと言って、初対面の女性を自宅に招くのは抵抗があるはずです。
見た目が可愛い女性でも盗み癖があったり、極めて非常識な行動を取ったりする場合があります。

ある程度問題無いと判断出来るまでは、安易に自室へ招き入れるのは控える方が良いでしょう。
最悪の場合、連日のように部屋に押しかけてくるようなメンヘラ行動になるかもしれません。

彼氏らしき人を連れて来てクレームを言いに来ることさえ考えられるでしょう。
そうしたリスクを避けるためにも、最初はラブホテルへ向かうのが定石です。

女性側にもメリットがあります。
初対面の男性の部屋に向かうのは怖いと感じてしまうものです。

だからこそ、ラブホテルでお互いの人間性を観察する時間が必要です。
さて、ここまででラブホテルの重要性は理解出来たでしょうか。

テンプレートコース

ラブホテル街へのテンプレートコース

テンプレートコースとは、ラブホテルへ行くまでのコースのことです。

出会い系やアプリで出会うと、そもそもがセフレになる目的があるためラブホテルへ直行するケースがあります。
それならそれで、ラブホテルへ直行すれば良いでしょう。

しかし、ラブホテルが満室だったらあなたはどうしますか?
どうしようとオロオロするなら、女性からの評価は間違いなく下がってしまいます。

そんな時は近場のラブホテルへ切り替えたり、素早くタクシーを呼んだりなど、対応策を用意しておきましょう。
セックスの障害になり得ることは、事前に想定して対策を考えておくのが大切です。

また、ラブホテルへ行く前に軽く食事をするケースもあるでしょう。

テンプレートコースに入れておくべき食事スポット

そうした場合は、軽食があるカフェやレストランへ案内出来るようにしておくのが良いです。
洋食、和食、中華など、女性の好みに合わせて向かう場所を変えられるのが一番です。

カラオケの場所を把握しておくのも良いでしょう。

まとめ

要するに、ラブホテルへ行くまでのコースを複数用意しておくのが大切なのです。

このコースは、テンプレートにしてどの女性にも利用出来るようにしておきましょう。
全員に同じテンプレートコースを利用するのには、ちゃんと意味があります。

それは、女性との会話で行ったことが無いラブホやレストランの名前を出さないためです。
女性に、私はそこへ行ったことが無い、と言われるとドキッとします。

他にもセフレ関係の女性が居るのがバレると、性病のリスクを恐れて逃げる女性が居ます。

セフレ攻略指南役

そのようなミスが無いように、テンプレートコースを準備して女性をエスコートするようにしておきましょう。