ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

2番目を望む理由

敢えて2番目を望むセフレ女性

時代は移り変わるもので、現代の恋愛における価値観は大きく変わって来ています。

その代表的な例が、あえて2番目を望む女性が居ることです。
本命の彼女の次、つまりは浮気相手の立場を自分から望む女性が居ます。

一見、何のメリットも無いように感じる2番目の立場ですが、ここには知られざる魅力が隠されているのです。

2番目とは思っていない女性

実は本命よりも魅力的だと思っているセフレ女性

まず最初に言っておきたいのは、2番目を望む女性は決して2番目だとは思っていないのです。

冒頭から意味が分からないかもしれませんが、これが本質なのです。
2番目だと知っていても満足出来るのは、以下のような理由があるからです。

本命よりも魅力がある?

1つ目は、本命彼女には無い魅力を自分が持っていると感じているのです。
本命の彼女に物足りなさを感じているからこそ、自分とセフレ関係にあるのだと考えています。

こうした考えがどんどん発展して行くと、本命彼女よりも立場が上だと思うようになります。

本命彼女が浮気を知らないのであれば、情報量で圧倒的に有利になっています。

心理的な有利なポジションに居ることで、2番目の女という気持ちが薄れてしまうのです。
中には2番目であるにも関わらず、本命よりも優遇されていると錯覚することさえあります。

モテ男だから仕方ない?

2つ目は、モテる男性ならセフレが居ても仕方ないという考え方です。

かっこいい男性、セックスが上手な男性は女性にモテます。
そのような男性なら複数の女性が居ても良いと判断しているのです。

こうした考えをすると、2番目の女性は単純に出会った順番が2番目としか思いません。
つまり、愛されている度合いは本命彼女と変わらないと感じているのです。

このように2番目を望んでいる女性でも、本質は2番目ではなく1番の女だと思っています。

セフレがどのような女性なのかによりますが、たまには本命彼女よりも上の立場に思わせることで優越感を感じさせてあげると良いでしょう。
本命彼女よりも良い女として扱うことで、セフレ関係をより強固に出来ます。

ただし、やり過ぎは良くないので程よいバランスを意識しましょう。

本心から2番目を望んでいる女性

2番目を楽しむ女性

2番目の女を楽しむセフレ女性

次に、本心から2番目の女を望んでいる女性について紹介します。

このタイプは2番目の女の立場を心底楽しんでいることになります。
本命の彼女になりたい気持ちを持ちつつも、いつ捨てられるか分からない状況を楽しんでいるのです。

不安や焦燥感、浮気がバレた時に修羅場があるのでは無いかというドキドキ感が好きなのです。
愛される安心感よりも、刺激的な関係を求めているため、2番目の女でも良いと思っています。

報われない恋愛をしている自分に酔っている場合もあるでしょう。
不幸な感じを受け入れている素振りを見せるなら、それは間違いなく悲恋に恋しています。

こうなっているとセフレ関係は安定してくるので、理想的なセフレ相手だと言えるでしょう。

いつか本命になれると期待

本命になれる時を待つセフレ女性

また、別のタイプではいつか本命になれると期待している場合もあります。
今は2番目だけど、本命と別れたら私が1番になれると信じているケースです。

このタイプは恋愛に盲目になりのめり込んでしまうタイプなので、セフレにするのは簡単ですが別れるのが難しくなります。

その他のタイプ

他にも、本命になるとデートなどがめんどくさいと感じる女性も居ます。

昔と違って価値観は大きく変わり、男性にとってはありがたい状況になったのでは無いでしょうか?
2番目の女を望む女性はセフレにはもってこいの存在です。

相手もセフレという立場を受け入れるのですから、よほど特殊な場合を除いて安定した関係を築けます。

まとめ

2番目の女性になることを非難する人が居ますが、そんなのはまったく気にする必要がありません。

なぜなら、これはすべて当事者間の問題だからです。
不倫しようがセフレを作ろうが、それはすべて個人の問題です。

当事者以外の人がそれを非難するのは、文字通り余計なお世話です。
どのような形であれ、経験を積むのは悪いことではありません。

セフレ攻略指南役

あえて2番目を望む女性が居たならば、その立場を心行くまで楽しませてあげましょう。