ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

「好き」と言わずに関係をもつ

セフレ関係に迷いが生じている女性

セフレと効率的な関係を持つ上で、大切なポイントに好きと言わないことがあります。

通常であれば、好きだと告白して付き合いが始まり、セックスへと発展します。
しかし、セフレ関係ではあくまでも肉体的な快楽だけを楽しみたいのが心情です。

絶妙な距離感

気軽なセフレ関係に悩む女性

そこで重要なのが、好きだと告白せずにセックスに持ち込むことです。

好きだと伝えるとそれは交際へと発展してしまうので、デートしたりプレゼントを買ったりという手間が発生します。
男性側がそんなつもりが無くても、女性がそう思い込んでしまう場合もあるので注意しましょう。

毎日LINEで会話をして、休日は必ずデートするようなことになると、それはセフレではなく恋人です。
セックスしたい時にだけ会うのがセフレですから、その距離感をうまく作らなければなりません。

もう一度言いますが、好きだと告白してセックスに持ち込むのは止めましょう。
気持ちを弄ばれたと感じた女性は、ヒステリックに激昂するものです。

セフレ関係を解消する際にトラブルが起きますし、カラダ目当てだったと見破られた場合もトラブルになります。
そうした際に、別に付き合ってないじゃん、と言い訳が出来るようにしておくのが大切なのです。

告白して付き合った恋人ではなく、あくまでもセフレなのだと言えるようにしておきましょう。

トラブルを避けるために

トラブルでこちらの非を指摘する女性

トラブルを避ける以外にも、好きと言わないことには意味があります。

それは、相手から好きだと言わせる関係にするのです。
恋愛において、告白をした方が優位性が上がるというアンケート結果があります。

つまり、セフレ関係で言えば、告白をしたらある意味で負けなのです。
なので、セックスをしても決して好きとは言わないようにしましょう。

むしろ女性側から好きだと言わせるぐらいの距離感が大切です。
女性をその気にさせれば、後は自由にセフレ関係を続けるも良し、本命彼女にするも良し、別れるのも良しとなります。

少々偏った考えではありますが、セフレ関係を作るのはこうしたことなのです。
恋人なのかセフレなのか、女性側が曖昧に感じるぐらいがちょうど良いでしょう。

まとめ

他にも、好きだと言わないことで女性側にも割り切った関係を暗示出来ます。

勘の良い女性ならセフレ関係だとすぐに察してくれるでしょう。
そうした女性は離れて行くか、割り切ってセフレ関係を楽しんでくれます。

そうなれば女性側もめんどうなデートやプレゼントなどは要求せず、セフレ関係を維持してくれるでしょう。
お互いにセフレ関係を理解している理想的な形になるので、このようなパターンになるように工夫してみてください。

恋愛のもつれは非常に大変なことになります。
良いセフレ関係を築き、楽しいセックスライフを送るためにも好きだと告白するのは避けましょう。

好きという言葉には強い力が秘められています。
女性を口説く際にはとても有効な言葉なのですが、あえてそれを封印するのです。

セフレ攻略指南役

好きだと言わずに女性を口説けるようになりましょう。そうなればセフレを簡単に作れるようになるはずです。