ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

合コン・パーティー

セフレ相手に会えるかもしれない合コン・パーティ

出会いの代名詞なのが、合コンパーティーです。

合コンで恋人を作ったことがある人は多いはずです。
お持ち帰りするのが目的の人も居ますし、セフレを探している人も居るでしょう。

そのため、セフレを作る方法としてはそれなりに適しています。

パーティの目的

合コン・パーティで仲良くなった好みの女性

パーティーについてはどのような趣旨のパーティーかによります。

男女の出会いが目的のパーティーならセフレ作りは積極的に行えるでしょう。
しかし、これが友人の誕生日パーティーなどであれば、セフレ作りは控えるのがマナーです。

場所を選ばずにセフレ探しを行うのは非常識なので、節度を守るのが重要です。

さて、合コンやパーティーなどでセフレを作るメリットですが、まずはその場の空気に流される点です。

冷静に落ち着いている時にセフレ関係の話になれば、大抵の女性が嫌がるはずです。
ですが、合コンやパーティーなどで気分が高揚し、ノリが良くなっている状態なら話は別です。

特別な今の時間ぐらい、少しオープンになっても良いと思えてしまうのです。
そうなれば一夜を共にする確率が上がりますし、そこからセフレ関係に発展する可能性は高いです。

お金がかかる

合コン・パーティにかかる費用

デメリットですが、まずはお金が掛かるのが挙げられます。

合コンの参加費用はいくらぐらいするでしょうか?
どんなに格安でも3,000円は必要になるでしょう。

高ければ5,000円、二次会やカラオケなどに行けば1万円ぐらい無くなることもあります。
たった一度のチャンスに1万円は、コストパフォーマンス的にかなり悪いです。

ライバルが多い

次に、合コンやパーティーはライバルが多いです。

セフレ作りを狙う人が居るかもしれませんし、そもそも複数の男性が居るシチュエーションになります。
そうなると、必然的に女性側も自分好みの男性に目が行くようになるでしょう。

自分が注目される時間が少なくなるので、セフレが作れる確率が下がります。

他にも、一夜を共にしたけど、セフレ関係には発展しないリスクです。

合コンの帰りはその場のノリでホテルへ行ったものの、お酒が抜けた状態では会ってくれないパターンです。
女性側がセフレを求めていない場合、こうした一夜限りの関係になることもあるでしょう。

それはそれで楽しい経験になりますが、一夜を共にするために合コンなどの費用を支払うのは最悪です。
コストパフォーマンスは悪いですし、何度も繰り返しているとあっという間に散財してしまいます。

まとめ

合コンやパーティーでセフレを作る難易度は、普通となります。

決して難しくはありません。
合コンを繰り返して居れば、相性の良い女性と出会うこともあるでしょう。

しかし、それが1回目なのか100回目なのかは誰にも分かりません。
一度の合コンで支払う出費はそれなりに高いので、何度も繰り返すのは得策では無いです。

一夜を共にしてもセフレになるかは別なので、それなりの覚悟を持っておくようにしましょう。

セフレ攻略指南役

セフレにしようと思っていても、相手が本気になって煩わしくなるケースもあるので覚えておいてください。