ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

NOと言わせない誘い方

YESとNOの看板

女性をデートに誘ったり、食事に誘ったり、ホテルに誘ったりしても、どんなにモテる男性でも断られることがあります。やむをえない都合で断られるならまだしも女性に警戒心を持たれたり、興味を持たれずに誘いを断られるのは避けたいですね。

ここでは上手に女性にNOを言わせないテクニックをご紹介します。デートに誘ったり、ホテルに女性を誘うときに断られるのは、女性をその気にさせていないことが理由に挙げられます。

女性をホテルに上手く誘う方法

女性をホテルに誘うときというのは、男女の中がある程度親密になってきて、女性もあと一押しで落ちるところまで来ているということです。

あと一押しなのに断られるのは、押しが弱いというのもありますが、最後の決め手がいま一つだらかです。

デートの最後に「明日は休みだしホテルにでも泊まっていかないか?」と単純に誘うのでは、断られる可能性があります。女性の側にも理性が働いていて、このままこの人とベッドインしてもいいのか、自分を安売りしていいものか迷っているのです。

したがって単純にホテルに誘うのではなくてプラスアルファのご褒美を負荷することが大切です。

「ちょっと今日はもう疲れたし朝まで一緒にいたいので、ちょっとおしゃれなホテルで休んで行こうよ。それから駅の近くに美味しいフグ料理の店があるし、たまにはそこで食事をしよう。」という誘い方をすると、女性の側もそろそろ体を許しても良い頃だし、フグも食べたいしOKしようという気持ちになります。

高級ホテルのバーを利用する

また高級ホテルのバーでお酒を楽しんで、そのホテルにあらかじめ部屋を予約して、彼女にホロ酔い加減になったところで、「実は…。」と切り出すのも手です。

ただしこの方法だと断られたときの宿泊代やキャンセル代が手痛いダメージになります。