ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

複数セフレを管理する

セフレ関係になりたいセクシーな女性

セフレが複数人いると聞くと、一部の人は嫉妬でおかしくなりそうです。

イケメンや美人じゃないとセフレを複数人持てないと思うかもしれませんが、全然違います。
セックスのテクニックはありますが、それよりもセックスをしやすい相手が理想なのです。

極端な話ですが、セックスする度にダメ出しされるような関係が長続きするでしょうか?
イケメンであることやセックスのテクニックは要素の一つでしかありません。
大切なのは相手がセックスしやすいと思うかどうかリラックスできるかどうかなのです。

セフレ管理のテクニック

仕草がセクシーなセフレ女性

さて、ここで本題である複数のセフレを管理するテクニックについて話を移して行きましょう。

いろいろな状況が想定されますが、まずは基本中の基本を話します。
まず、いつ誰に会うかを管理することです。

複数のセフレが居る人にとって大勢の中の1人になりますが、相手からすれば大切な唯一のセフレかもしれません。
そして、セフレとはセックスでストレスを発散する関係にあります。

例えば、相手が月に2回ぐらい会いたいと考えているのに、2ヶ月に1回しか会わなかったらどうなるかは明白です。
週に1回会いたいと思っているセフレと、2週間に1回しか会わないのも同様です。

相手に合わせる

相手が会いたいと思っている回数を満たさなければ、セフレとの関係を管理出来ているとは言えません。

つまり複数のセフレと関係を継続させている人は、相手が望む回数をしっかり会っていることになります。
セフレとの関係を管理するには、スケジュールをしっかりと組み立てる必要があります。

セフレと会う予定の日に友達との約束を入れてしまったり、自分の用事を優先させてしまったりしていると、セフレ関係は破綻します。

情報を整理する

セフレにしたい魅力的な女性

また、状況によっても管理方法を変えなければなりません。

例えば、自分以外にセフレが居ることを嫌う人も居ます。
そうした人は嫉妬心からではなく、単純に性病のリスクを恐れて嫌がる傾向にあります。
そのため、他のセフレが居ることを悟られないようにしなければなりません。

とにかく記憶する

まずは名前を絶対に間違えないことです。

当たり前のことですが、意外とやってしまいがちなので注意が必要です。
他にも性癖やセックスした場所や回数、会ったタイミングも間違えてはいけません。

今月会ったのは2回目と言ったのに、実際は1回目だったら他のセフレの存在を疑われるでしょう。
性癖が違ったり、やったことないプレイの話をしてしまうのも危険です。
セフレと会って話した内容やプレイは、確実に記憶しておくことがセフレ管理の初歩となります。

情報を限定させる

様々な情報を記憶しておくことが必要になるため、あえて情報を1つにまとめるのもテクニックです。

ラブホテルを活用するなら、利用する場所を1ヶ所に限定してしまいましょう。
セフレ全員と同じラブホテルを活用すれば、ラブホの名前で間違うことはありません。

プレイ内容も似たようなことを行っていれば、セフレによって状況が異なることも無いでしょう。

また、相手の名前を呼ばないようにするテクニックも効果的です。
普段から名前を呼ばないようにしておけば、咄嗟のタイミングで違う名前を呼ぶこともありません。

まとめ

セフレ攻略指南役

このように会う回数情報を整理することが、セフレを管理するテクニックです。

当たり前のことですが、これを守るのが重要なのです。
複数のセフレが居ると、自然にその中でも順位が付けられてしまいます。

そうなるとないがしろにしてしまうセフレが出て来てしまうでしょう。
そうなればセフレとの関係は悪化していくばかりです。

二兎を追う者は一兎をも得ずということわざがあるように、無理して複数のセフレを持つのは禁物です。
全員を満足させられず、いきなりセフレがいなくなる可能性もあるのです。

最後に、セフレを管理する上で忘れてはならないことがあります。

それはセックスを全力で楽しみ、相手を満足させることです。
セックスで繋がっているのに、それが疎かになってしまうのは最低な行為です。

複数のセフレと関係を持つ時は注意しましょう。