ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

女性が求めるセフレ

理想のセフレを探し求めている女性

世の女性は純粋で一途な恋愛を求めている

多くの方がそう考えているでしょうが、これは男が抱く幻想に過ぎません。実際には女性も理想のセフレが欲しいのです。

セフレと聞くと男性に都合のよいイメージが湧きあがりますが、女性が望んでセフレを作ることも珍しくありません。

では、女性が求める理想のセフレはどのようなものなのでしょうか?
これは男性がセフレを作る際にも有力な情報なので、しっかり理解しておいてください。

女性の理想

セフレ相手のセックスに満足できずに悩む女性

まず、女性が理想とするセフレはセックスが上手なことです。

男性も同様ですが、思い切りセックスを楽しめる相手で無ければセフレとは言えません。
今まで感じたことの無い快感を味わい、夢心地な時間を過ごせなければ意味が無いのです。

ここで言うセックスが上手な男性とは、テクニックがあり体力があることだけでなく、キスや言葉責めを含めたトータルコーディネートができることです。
特に手マンクンニ挿入後の持続力は上手なセックスに直結する要素です。

そして、女性が絶頂出来るかどうかがセフレの合格ラインとも言われています。

絶頂を知らない女性

世の中の多くの女性が絶頂を知りません。
それは恋人のセックスが下手だからに他なりません。

確かに絶頂を感じにくい女性は居ますが、ものすごく少数の話です。
絶頂を知らない女性は、セフレに頭が真っ白になるような快感を与えて欲しいと思っているもの。

そのため、セフレはテクニックが必須というわけですね。

セックスはテクニックだけではない

こんな話をすると、世の男性はテクニックに自信が無い…と委縮してしまうでしょう。
しかし、そんな心配はセフレを作ってからすれば良いのです。

そもそもセフレ関係になるのであれば、セックスについて積極的に話す機会があるはずです。
何が気持ちよくて、何が好きなのか聞けば、すべての問題は解消されます。

どこが良いのか聞きながら絶頂に導く手段もあるでしょう。そんなやり取りがあると女性も興奮度が高まっていくのです。
セックスのテクニックは重要ですが、これはどうにでもなるので心配は不要ですね。

彼女持ちの男性が理想?

意外なことに女性が理想とするセフレは、他に彼女が居る男性なのです。

これはセフレになった後に本気になられるのが困るという理由からです。
セフレ関係にドライなのは思いのほか女性の方で、別れる時のことまで考えてセフレになるようです。

最悪なのは別れる際にストーカーになってしまう場合
女性の方がこのリスクが高いのため、警戒しているのでしょう。

そんな警戒を解く意味でも、さりげなく彼女や別のセフレが居ることを匂わせておくことが、セフレ作りでは功を奏するのです。

また、複数の女性関係があることを醸し出せば、それだけ魅力がある人物なのだと良い方向に妄想(勘違い?)をしてくれることもあります。
会話のテクニックとして覚えておきましょう。

秘密を守れるか?

秘密を守って良好なセフレ関係にある女性

女性がセフレに求める条件の一つに、秘密をしっかり守れるかという点があります。

男性がセフレを作っていても、軽い男と言われて終わりです。
それどころか、時には"男らしい"と賞賛されることさえあるでしょう。

しかし、女性は逆です。セフレが居ると判明すれば、周囲の評価は極端に下がります。
このリスクを女性は痛いほど理解しています。

だからこそ、セフレ関係を秘密に出来る男性でなければいけないのです。
SNSの発展により簡単に情報が拡散してしまう時代です。

口の軽い男、軽率な男はセフレとして信頼されにくいのです。

「彼女や妻が居れば、男性側も下手に口外できないだろう。」という心理も働き、彼女持ち男性が選ばれるのではないでしょうか。

女は恋人気分を味わいたい

他にも、愚痴を聞いてくれたり、さりげなくアクセサリーを褒めてくれたりする男性は理想でしょう。
恋人になるつもりは無くても"恋人気分"は味わいたいのが女性の複雑な心情です。

セックスする前に少しお喋りをして、時には恋人らしいやりとりをしたいと感じています。

そうした女心を分かってくれるセフレは、非常に貴重な存在となるでしょう。
男性はセックスするのが目的なので、恋人気分は二の次になってしまいがちですから…

しかし、ちょっとした恋人気分を味わってもらうことで、その後のセックスが燃え上がると考えれば大した手間ではありませんよね?

既存コミュニティと無関係な男を好む

ここまで読んでいただけた方からは「どうしたらその"都合の良いオトコ"になれるんだい?」と聞かれそうですね。
繰り返しになりますが、女性は「秘密を守る男」「後腐れない男」を求めています。
男性に比べてこの手の恋愛事案では"鼻が利く"と言われる女性でも100%秘密を守る安全な男を見抜くのは難しいのです。

共通点を排除した男とは?

ではどうするか?
まず、同じ学校・同じ会社・共通の友達… とリスクのある既存コミュニティーに存在する男性は候補から外します。
彼女達が快感とリスクを天秤に掛け、後者を選択することはありません。必ず安全な道を選ぶのです。

ネットに集まる女子達

そんな女性達が集まる場がインターネットであり、出会いサービスなのです。
"ネットでの出会い"なんて聞くと「犯罪のニオイが…」とマイナスイメージを持っている方も少なくありませんが、昨今の優良サービスでは「24時間パトロール」「年齢認証・本人確認によるサクラ撲滅」が徹底されており、安全かつリーズナブルに"共通の目的を持つ女性"と知り合うことができるのです。
これら出会いツールで知り合った男なら、万が一口軽だったとしても女性側が被害を被ることはなく、詳細な住所でも教えない限りストーカー被害に発展する確率も低いのです。

つまり、安全に安全を塗り固めたい"コンサバ女子"にとってネットツールは欠かせない存在で、その中で知り合う男こそ「本当に都合の良い男」と考えています。
「都合が良い」などと称されると複雑な気持ちになるかもしれませんが、複数人と良好なセフレ関係を築きたいならこの絶妙な立ち位置を確立するのが一番の近道

どのサイトでも良いの?

ここで「じゃあ、一番効率的に女子と知り合えるサイトはどこなのさ?」という議論になりますよね。
冷静に考えれば当たり前ですが、女性が参加し易いサービスを狙うのが最大のポイントです。

具体的には、次の3点を満たしたもの。

①綺麗系のサイトデザインで女性向けを意識しているもの(いわゆるエロ系は絶対NG)

②女性が無料で利用できるサービス(女性有料になると真剣度が高すぎて、場違いになる)

③有名なサービス名で聞き覚えがある(ブランド力=安心感の方程式が成り立っています。)

これら条件に合致するサイトであれば大凡間違いないですが、最後に具体的なサービス名を上げてセフレ作りに最適なサイトを紹介しましょう。

定番だけど最強な3つのツール

ネット初心者女子が豊富な「ハッピーメール」
ハッピーメール公式サイトのスクリーンショット

10年以上の歴史を持つコミュニティサイトで知名度も高いので、一度は目にしたことがあると思います。
実は一周回ってこのハッピーメールが「今、非常にアツイ」のです。

2017年7月、ハッピーメール内で援助交際に関する書き込みを放置したとして会社代表者が逮捕されました。
この一件で同社は方針転換を余儀なくされ、より普通な素人寄りの女子をターゲットに集客を始めたのです。

その結果、これまでネットに登場しなかった層の女子がハッピーメールを利用するようになったのです。
ネット出会いの経験が浅い女子」これを聞くだけで、イケる気がしませんか?
ハッピーメールはこのような背景も踏まえ、あえてお奨めしたいツールです。

ハッピーメールの詳細はこちら
使い方次第では入れ食い状態?「マリッシュ」
マリッシュ公式サイトのスクリーンショット

婚活サイトを謳う「マリッシュ」ですが、使い方によっては大変な成果が上がってしまいます…
本来は真剣な結婚を望む男女が登録すべきサービスですが、使い方を間違え得るとイケない関係に発展してしまうこともあります。

登録女性は真剣な恋愛を目的としているので、こちらが丁寧なメッセージを心がければ会うまでのハードルは高くありません。
会ってさえしまえば…」恋人になるかセフレになるかは、それから考えればいいじゃないか!とポジティブに考えてしまうのは私だけでしょうか。

マリッシュの詳細はこちら
若さ最優先!10代もアリなら「PCMAX」
PCMAX公式サイトのスクリーンショット

俺は若い女子とSEXしたい!
そう断言する方ならPCMAXを使わない手はないでしょう。

同サービスの特徴は女性会員の若さで、8割以上を25歳以下とも聞きます。
若い女子の魅力は肉体だけではなく「今から会おう!」「今日だけならいいかな…」と言った"若さゆえのフットワークの軽さ"にあります。
釣だって、人工餌や疑似餌になれた玄人魚よりも、初めて釣り餌を見る魚の方が釣りやすいですよね?

PCMAXの詳細はこちら
セフレ攻略指南役

海のド真ん中で突然釣り竿を渡され「なんでも良いから釣ってみろ!」と言われ、容易に成し遂げる人は多くありませんが、釣り堀で同じことをしたら全員が相応の成果を上げられるでしょう。
実はセフレ作りも同じで、突然街で声を掛けたり、学校や会社の女子を口説いてもなかなか上手くいきません。
"釣られるための魚(女)が、大量に放たれた水槽(サイト)を利用すること"これに尽きるわけですよ。