ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

女子が不満を持つ時期

セックスに欲求不満気味の女性

セフレが欲しい男性は星の数ほど居るでしょう。

そんな中には、幸運にもセフレを作って楽しいセックスライフを送っている人が居ます。
しかし、セフレが出来たからと言って安心し切っていては幸運を逃すことになりかねません。

なぜなら、セフレの女性が不満を持つ時期があるからです。
ここでは女性がどのようなタイミングで不満を持つのか、セフレのタイプ別に見てみましょう。

曖昧な関係

曖昧な男女関係に寂しさを覚える女性

まずは付き合っているのかセフレなのかを曖昧にしている状態のケースからです。

これは女性にセフレ関係だと伝えず、恋人状態だとも伝えずに居る状態です。
このようなケースでは、女性は約3ヶ月ほど経過すると不満を感じるようになります。

不満の内容は主に、身体目的の付き合いなんじゃないか愛されていないんじゃないか、という疑問です。
デートの回数が少なく、セックスが主流の付き合いになっていると女性は不安になってしまいます。

セフレだと伝えていないのであれば、女性が疑念を持つのは自然でしょう。

疑問を持った女性は、恋人関係なのか、愛してくれているのか、そう言った質問をしてきます。

これは男性のことを信じたいと思う気持ちから出て来る言葉です。
セフレ関係を継続させたいのであれば、大袈裟に思えるぐらい全力で肯定して甘い言葉を囁くようにしましょう。

女性は内心、セフレ関係なのだと理解しています。
しかし、甘い言葉を囁かれればセフレ関係を受け入れるのです。

健気な女性ほど、男性の気持ちに気付きながらも身を委ねてくれるでしょう。

この時の注意点として、付き合っている、恋人同士、好き、などの言葉は避けるようにしてください。
そうした言葉は偽りの恋愛関係を作ってしまうことになります。

そうなると、セフレ関係を終わらせたい時にトラブルが起こります。
また、デートなどの要求も増えますし、連絡も小まめにする必要が出て来ます。

割り切ったセフレ関係を継続したいのであれば、好意を伝える言葉は避けておきましょう。

お互いにセフレ関係を認識

割り切った関係を認識している大人の女性

次にセフレ関係だとお互いに認識している場合です。

これは女性側も男性をセフレとして扱っているケースです。
このタイプのセフレが不満を持ち始めるのは、約半年ぐらい経過した時でしょう。

週に1回会うペースだとしても、半年経つと24回から26回程度会っていることになります。
それだけの回数セックスを繰り返すと、やはり飽きて来てしまうのです。

もちろん、体の相性が抜群で会えるのを楽しみにするようなセフレカップルも居るでしょう。
しかし、多くの場合は半年以内にセフレとのセックスに飽きて来ます。

そのため、セックスがマンネリしないように様々な工夫をするのがポイントです。
少しアブノーマルなプレイをするのも良いですし、テクニックを磨くのも良いでしょう。

まとめ

セフレとの関係が無条件にずっと続く訳ではありません。

男性が女性を選んでいるように、女性も男性を選んでいるのです。
雑なセックスを繰り返せばセフレ関係は終わりますし、相手の欲求を満たせなければ不満が溜まります。

セフレ攻略指南役

セフレだからと言って軽く見てはいけないのです。