ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

関係を正当化

セフレ関係を割り切っている女性

世間一般からすれば、セフレ関係は低俗な行為で糾弾されるでしょう。

ですが、これは基本的にセフレを作れない人の嫉妬でしかありません。
日本人の既婚者の4人に1人が不倫や浮気をした経験があると答えるアンケート結果が出ています。

また、20代から40代の女性1,000人に質問した結果、浮気をした経験があると答えた人は42%にもなりました。
このように、性別に関わらず多くの人が浮気や不倫を経験しているのです。

セックスを楽しむ関係

セックスの快楽に溺れ楽しむ女性

先ほどのアンケートの解答の中にはセフレも含まれるでしょう。

つまり、セフレ関係は特殊なことではなく、ただ単にバレていないだけなのです。
セフレを悪とする傾向は昔からありますし、不純な交際と叩かれる要素になっています。

しかし、お互いの利害が一致しているのですから、誰にも文句を言われる筋合いはありません。
女性を一方的に利用しているとの声もありますが、それは偏った意見だと断言出来ます。

そもそも旦那が居るのに浮気をしている女性も居るのです。
女性が男性のセフレを作ることだってあるのです。

男性ばかりが非難されるのは、被害者意識の強い一部の女性が声を荒げているだけに過ぎません。
セフレとはセックスを楽しむ正当な関係なのです。

秘密を共有する

秘密を共有するセフレ関係の女性

ここまでで、セフレが正当な関係だということは伝わったかと思います。

次は、これを女性にうまく伝える方法を考えなければなりません。
このままの話を伝えただけでは、女性はなかなか納得してくれないでしょう。

そこで、このセフレ関係を、二人だけの秘密の関係、特別な関係なのだと強調してみてください。
誰にも知られてはいけない秘密の関係を持つことで、女性は心理的に興奮状態になります。

興奮状態、つまりドキドキした状態になると、日常に強い充実感を感じるようになるのです。
ちょっと悪いことをしていて、それを周囲に秘密にしている状態が心理的に燃えるのです。

まとめ

このような特別な関係を強調することで、セフレ関係の継続が行える場合があります。

これは若い女性よりも、不倫や浮気をしているようなタイプのセフレに効果的です。
非日常的な刺激が、セフレ関係をポジティブにして好意的に見てくれるようになります。

言い訳を作ってあげる

また、セフレ関係になった原因を外に作ることで正当化する方法もあります。

例えば、彼氏がほったらかしにしているのが悪いストレスがあるのだから仕方ない、などです。
これは女性に言い訳を作ってあげるのがポイントです。

彼氏にほったらかしにされているからセフレ関係になってしまっている、そう思えれば罪悪感が薄れます。

罪悪感が薄れればセフレ関係にも抵抗が無くなり、積極的に肯定出来るでしょう。
ストレスについても同様で、悪いことをしている罪悪感を払拭することが可能です。

このようにセフレ関係が当然な理由を外に作ってみるのもありです。

セフレ関係を長続きさせたいなら、こうした話をするのもコツなので覚えておきましょう。
最後にもう一度言いますが、セフレは悪いことではありません。

セフレ攻略指南役

セフレはお互いに足りないものを補うことが出来る素敵な関係なのです。