ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

お泊りor日帰りはどっちがいい?

セフレ男性とお泊りした女性

お泊りor日帰りはどっちがいい?

セフレと良い関係を築きたいのであれば、泊まりと日帰りをうまく使い分けましょう。

遊び慣れていない人は、セフレの女性と泊まりをするか日帰りをするかで悩みます。
どちらがセフレ関係として正しい付き合いなのかを考え込んでしまっているのです。

答えを先に行ってしまうと、状況による、の一言に尽きます。
泊まりと日帰り、どちらにもメリットとデメリットがあるので状況に合わせて使い分けましょう。

お泊りの場合

まず泊まりですが、これはセフレと信頼関係がしっかりと作られており、仲良くなっている場合に利用してください。

メリットは一晩中セックス出来ることです。
時間を気にせずひたすら快楽を貪れる状況は最高です。

また、夕食やお酒を飲むのも良いでしょう。
セックスだけではなく、何気ない会話に華を咲かせるのもセフレ関係の構築に必要なものです。
ラブホテルでの泊りなら映画やゲーム等で遊ぶ選択肢もあるので、かなり楽しい時間を過ごせます。

デメリットは、セフレ関係が始まったばかりの時に大きく関わります。
泊まりになると長時間一緒に過ごすことになりますし、同じベッドで寝る確率も高くなります。
そうなると必要以上に相手へ気を使って、逆に疲れてしまうケースがあるのです。

相手に気を使い過ぎない関係が構築されてから泊まりをしないと、セフレ関係の破綻に繋がりかねません。

日帰りの場合

次に日帰りのメリットとデメリットですが、こちらは泊まりの逆となります。

メリットは短時間なので気を使い過ぎて疲れるリスクが大幅に減ります
短い時間での付き合いは、お互いの良い部分のみを見られるので嫌いになる要素に目が行きません。
ちょっとしたマイナス要素がカウントされないメリットは非常に大きいのです。

デメリットは、信頼関係の構築に時間が掛かる点です。
楽しい時間を過ごせる安心感が無ければ、セフレ関係はゆっくりと破局へ向かうでしょう。
安心感やリラックスするためにもセックス以外のコミュニケーションをある程度は取っておく方が良いです。
そうした面で、日帰りはセックスに費やす時間が多くなるのでデメリットとなります。

以上のように、泊まりと日帰りにはそれぞれメリットとデメリットがあるのです。
どちらが最適かはセフレとの関係をしっかりと見極めた上で決めましょう。

相手の状況にも配慮するのがポイントです。

明日の早朝から予定がある女性に泊まりを提案するのは空気が読めない男です。
提案も却下されるので、相手の状況を考えて泊まりや日帰りを行いましょう。