ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

セフレを作る男性心理

男性がセフレを作る理由を考えている女性

男性は女性と違い1人の異性では満たされないもの生き物なのです。

本気で好きになった女性を恋人になったり、結婚して妻にして、本気で愛していてもその裏で別の違ったタイプの女性とセックスすることのできる動物なのです。

「A子とは結婚を考えたり、本気で付き合うほどじゃないけれど、体はいいしセックスだけは楽しい。」
「妻のことは愛しているけれど、セックスがタンパクなのでもっと床上手な女をセフレにしたい。」

といった欲望は男性のワガママですが、男性の場合、本命の女性と相思相愛になって安心してしまうと、そこから別のタイプの女性を探し求めて冒険してしまう気持ちが働きます

それはなぜかというと男性は本命の女性に対しては「嫌われたくない」という心理が働きます

したがって好きになったり、気持ちの中で大切に思ったり、尊敬の念を抱いたりするとついつい「セックス」に関して慎重になったり、「変態と思われたくない。」という心理が働いてしまいます

「本当はむさぼり食うように乳首にしゃぶりつきたいけれど、お嬢様っぽい相手なので嫌われたりしないかな?」
「彼女は好きだけど、あんまりフェラをしてくれないし、クンニもいやがる。もっと激しいセックスがしたいのでストレスになる。この満たされない気持ちは他にセフレを作ってぶつけるしかない。」

といったように本命の女性で満たされない部分を、別の「それほどでもない女性」で埋めようとするのです。

本末転倒な部分はありますが、男性の場合、心から好きな女性よりも「そこそこ好き」「嫌われてもそれほどダメージじゃない。」くらいの女性の方が気兼ねなくアブノーマルプレイを楽しむことができるんです。

これはセフレである女性にとっては屈辱的な事実です。

しかし女性の側も結婚を望んだり、本命の彼女と認めてもらえなくても、セックスだけを楽しむために関係を持っているという女性もいるため、お互い持ちつ持たれつという関係であることも否定はできません。