ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

一般的な継続期間って?

セフレ期間がどれくらい継続しているのかチェックしているカレンダー

一般的な継続期間って?

念願のセフレ女性をゲットしたら、その関係がどれだけ続くか気になるものです。
そこで、一般的なセフレの継続期間について調査してみました。

まず、状況によってバラバラになるため、一概に平均で継続期間を表すのは難しそうです。
ですが、とりあえずの基準として記載しておきたいと思います。
セフレ関係の継続期間は、約7ヶ月程度となりました。
半年とちょっとぐらいの期間で、月に2回~4回程度会う関係のようです。

つまり、20回程度セックスをしたら関係が終わってしまうという衝撃の結果になりました。

本当にそうなのか、セフレが居る人にアンケートを取ったところ、現状が見えて来たのです。
平均だと7ヶ月程度でしたが、実際は短期間か長期間かの二極化になっていました。
2ヶ月程度でセフレ関係が終わるケースと、1年や2年以上関係が続くケースが多いのです。

セックスの相性が悪いと2ヶ月程度で終わってしまいますが、逆に相性が良ければ何年もセフレ関係が続くようです。
一度相性の良いセフレをゲットしたら、かなりの長期間に渡って楽しめるのです。

また、セックスの頻度が週に3回以上のセフレは、別れるのが早い傾向にあることも見えて来ました。近所に住んでいるようなセフレだと頻繁にセックスを行う反面、別れる確率も高いようです。
セックスの平均回数は25回程度になるため、やはり20回前後が相性を確かめ合うのに必要な基準になりそうです。

セフレとの継続期間が短いのか長いのかを知りたいなら、セックスするために会った回数を数えてみましょう。
20回~25回以上会っても関係が継続していれば、それは一般的なセフレよりも継続していると判断出来ます。

ちなみにセックスの相性以外にも破局の理由はあります

本命にバレそうだから、真面目な恋愛がしたいから、そうした理由で関係が終わることもあり得るのです。
このような場合は仕方が無いことなので、新しいセフレを探すようにしましょう。

セフレは男の憧れです。
出来る限り長く関係を続けて、充実したセックスライフを送れるようにしましょう。
会う回数が20回を超えて来たら、より丁寧なセックスを心掛けることで長期的な付き合いに発展するかもしれません。

それから、セフレの継続期間にこだわるよりも、とにかく目の前の快楽に全力を尽くすのも重要です。
長ければ良い訳では無く、いかにセックスを楽しめるかが大切です。
セフレを作った人も、セフレをこれから作る人も、セックスを心行くまで楽しみましょう。