ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

敢えて初回はHを求めない

これからセフレ関係になる女性

世の中の男性は少なからずセフレが欲しいと感じているはずです。

倫理観からそれを表に出しませんが、都合の良い美女がセックスの相手をしてくれるのは誰だってうれしいです。
夢のセックスライフを送るためにも、まずはセフレを作ることから始めましょう。

そこで、セフレを作りたい男性にセフレ攻略マニュアルを紹介したいと思います。

初回は我慢!

初回は敢えてセックスを求めない、これも1つのテクニックになります。

セフレ関係になるのだから、セックスしないことには何も始まらないと思うかもしれません。
それ以前に、暴走寸前の性欲を抑えることが出来ないと感じる人も居るでしょう。

ですが、目の前の快楽を優先した結果、数ヶ月分の快楽を失うデメリットがあることに注目してください。
セフレ関係になれば数ヶ月は楽しいセックスライフが送れます。

しかし、会ってすぐにセックスして嫌われてしまったら、その後のセックスライフは夢のまた夢になるでしょう。

求めてはいけない理由

さて、そもそもなぜ初回にセックスを求めてはいけないのでしょうか?
複数のケースを想定して紹介したいと思います。

まず、お互いにセフレになろうと話した上で会った場合は、我慢する必要がありません。
すぐにラブホテルへ行っても問題無いでしょう。

しかし、セフレ関係になる前提ではなく、お互いに気になる程度の出会いであればセックスを求めない方が良いです。
会ってすぐにセックスすると、女性側からすれば大切にされていないと感じてしまいます。

恋人同士で無くても、やはり男性は優しい方が好まれるのです。
セックスしたい気持ちを抑えて、あえて初回は何も求めない紳士的な行動が女性の信頼度を高めます。

ちなみに、セックスしたい気持ちをしっかりと隠しておかなければなりません。
ラブホをチラチラ見るような仕草をしたり、エッチな目で相手の身体を舐めまわすように見たりするのはダメです。
そんなことしていると、セックスしたいのを我慢している子供っぽい男という烙印を押されてしまいます。

ポイントは、お互いの性格や人柄を知った上で楽しいセックスをしましょう、というスタンスです。

女性が安心出来る状況を作ってあげる配慮と言っても良いでしょう。
緊張している女性であれば、尚更リラックス出来るまで何回か会うことをしてみてください。

信頼関係を築いた上でセフレ関係になれば、楽しく長続きするようになります。
このようなテクニックがあるので、ぜひセフレ作りに役立てて欲しいものです。