ページ上へボタンページ上へボタン・マウスオーバー用
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5ボタン・スマホ用
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

周囲の反応と本音

秘密のセフレ関係を知ってしまった小学生の娘

セフレが居る人は、その存在を基本的には隠しています。
不倫や浮気のような場合は、尚更セフレの存在を秘密にして過ごすでしょう。

ですが、中にはセフレが居ることを自慢する人も居ます。
そうしたセフレ自慢による周りの反応と本音について触れてみましょう。

嫉妬と優越感

セフレ関係を自慢気に話す男性

まず、セフレが居ることを周囲に明かすと少なからず羨ましいという反応が出てきます。
セフレが可愛い相手ならより一層、周囲の人はあなたを羨ましく思い、嫉妬するでしょう。

その瞬間は素敵な女性とセックス出来る優越感に浸れるはずです。
友人や同僚であれば、そうしたセフレ自慢を単純に聞いてくれます。

優しい人は普通の恋愛をしろと諭してくるかもしれませんが、セフレの楽しさを簡単には捨てられないのが普通です。
このようにセフレの話は羨ましいと言われて賞賛を浴びるような反応を示されますが、本音はどうでしょうか?

周りの反応が良いからと言って、それが本心とは限りません。

男性同士の嫉妬

まず、セフレの存在を聞いて多くの男性は嫉妬しています。
彼女だけで我慢していたり、そもそも彼女すらいない人も居るのです。

そうした人から見れば、美味しい思いをしている嫌な奴と受け取られかねないでしょう。
それに付随してデメリットも発生します。

例えば、周囲の人にセフレを作る男だと噂が流れてしまうリスクです。

そうなると女性友達や同僚からの評価は著しく下がることになります。
これがもし上司の耳にでも入れば、女性関係に甘い人間だと認識されて人事評価が下がることも考えられます。

少なくとも、セフレが居ることが仕事の評価に繋がる可能性はほぼ無いでしょう。

友人関係

友人関係も同様です。

男同士の話だけで済むのであれば、武勇伝の一つとして受け取ってもらえるかもしれません。
しかし、そうした武勇伝は必ず周囲に広まってしまうものです。

それが女性友達に聞かれてしまえば、身近な交友関係で恋人を作るのが難しくなります。

もし、あなたのことが気になる女性が居ても、セフレを作っているような男だから辞めておけとなってしまいます。
合コンなどに誘われるきっかけも失ってしまうかもしれません。

なるべく秘密にしておく

周囲の友達や同僚にセフレを話すのは、基本的に辞めて置いた方が良いでしょう。

その場では話が盛り上がりますし、賞賛もしてくれるはずです。
ですが、その結果今後の出会いや評価を下げることに繋がりかねないのです。

どう考えてもデメリットの方が大きいので、セフレの存在は秘密にしておくのをおすすめします。
話す時は、必ず秘密を守ってくれる人物にだけに伝えましょう。

本音

本当は羨ましいセフレ関係に嫉妬する

次に、セフレを持っていることに対する本音をいくつか紹介します。

まずですが、セフレは男の憧れであり夢です。
倫理的に我慢している人が多いですが、大抵の人はセフレが欲しいと思っています。

男としての本能がそうさせるので、むしろ自然なことなのです。
しかし、セフレを作っていない人、もしくは作れない人にとってはただの自慢にしかなりません。

人間的に負けたような気分になるため、必ずしも良い印象を持つとは限らないのです。
悪い印象を持たれてしまい、疎遠になってしまうリスクもあるので覚えておきましょう。

まとめ

学生時代は誰が誰とセックスをしたという話がすぐに広まるものでした。
大人になってもそれは変わらないのです。

恋愛ネタ、性的な話は瞬く間に拡散してしまいます。
セフレの話をして評価を落とすことが無くても、黙っているのが良いでしょう。

あなた自身に何のデメリットが無いとしても、女性側に悪い印象が発生するかもしれません。
女性がセフレを持つのは、まだまだ受け入れがたい世の中なのを理解しておく必要があります。

女性への配慮を忘れてセフレ自慢を繰り返すようでは、すぐに逃げられてしまうでしょう。

セフレ攻略指南役

お互いのセックスライフを守るために、セフレの話を周囲に漏らすことは止めておくのが無難です。