ページ上へページ上へ
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5
目的で選ぶ最強出会いツールBEST5

男なら誰もが求める理想のセックスライフ

理想の女の子

友達以上・恋人未満

男性なら一度はセフレ関係を夢見たことがあるのではないでしょうか?

しかし、大抵の人が

俺は特別魅力や金があるわけじゃないし

本命バレが怖いしな

相手の女性に失礼かな…

と気負いしてしまい具体的な行動に移せない、又はせっかくのチャンスを棒に振っているのが現実です。

チャンスを棒に振る

一度きりの人生の中でも『男』として現役で活躍できる時間は限られています。
くだらない固定概念でセックスライフを犠牲にしてしまうのはあまりに残念です。

セフレの作り方は皆さんが想像するよりも「遥かに簡単」です。
当サイトではそんなセフレ作りの方法はもちろん、関係維持のコツ本命バレ防止など
セフレライフを充実させる情報を詰め込んでいます!

女子だってHしたい!

まず根底にあるのが、セックスしたいのは「女子も同じ」ということです。
オープンに公言こそしないものの男性同様、もしくはそれ以上の性欲でセックスを求めており、性行為に対する需要は男性陣の想像を超えるものなのです。

うつろな表情の美少女

「そんなわけないじゃん!」

という否定派の方に是非観ていただきたいデータがあります。

女子のオナニー経験率

誰もが知る女性紙『anan』により実施された1,000人規模(10代-30代前半の女性)のアンケートでは実に73%の女子が「定期的にオナニーをする」と回答しています。

73%の女子が定期的にオナニーをしている

コンドーム製造業ジェクス社が行った女性2,700人に対する同質問でも「71.3%がオナニーをしている」という結果が出ており、両者のアンケートの妥当性を証明しています。
またオナニー初体験はどちらの調査でも8歳〜17歳が7割を超え、頻度も大半が「週1回以上」と回答しています。

この調査からも女子だって自ら処理しなくてはならないほど性欲が溜まる。という事実を理解いただけると思います。
そして彼女たちも本来は
自慰行為ではなく「セックスにより発散したい」
と思っているのです。

彼氏保有率

では、セックスにより性欲発散ができている女子はどのくらいいるのでしょうか。
こちらは厚生労働省の研究機関「国立社会保障・人口問題研究所」がまとめた18-34歳未婚女性の交際率です。

49.5%の女性が彼氏なし

つまり…

7割の女子がオナニーを繰り返すほどの性欲がありながらも半数はセックスパートナーがいない。

これが紛れも無い事実なのです。

セフレ予備軍は400万人超

総務省人口統計(平成28年2月)より15-35歳女性は1,267万人とされていますが、上の割合を加味するとそのうち約450万人もの若い女性が『セックスをしたいけれども相手がいない。』状況なのです!

450万の中から候補を選ぶと思えば、セフレの一人や二人簡単に作れると思いませんか?

セフレ関係の男女

出会いのきっかけ

ではその450万人のセフレ候補達と知り合うにはどうしたらよいのでしょうか。

リアルコミュニティは難易度高?

学校や職場が一緒だったり合コンや習い事などのコミュニティーで「運良く」知り合い、互いに割り切りの身体の関係に発展すればそれが理想ケースなのは言うまでもありません。
しかし、これらの輪の中で出会うことができるのはいいとこ数十人〜100人程度です。

やり方によっては数人を手だまに取って複数女子とエンジョイセックスできるかもしれませんが、内輪問題への発展リスクなども考えればセフレ化は容易ではなく継続的かつ頻繁に相手を入れ替えることはほぼ不可能です。

同一コミュニティーは難易度が高い
最強の手段は「ナンパ」

最も効率的かつ安全なセフレの作り方はナンパです。
街中・クラブ・バーなど場所は問いませんが、声を掛けることに抵抗さえなければ容姿や年齡は選びたい放題。尚且つ自身のコミュニティとは一切関係のない第三者なので万が一関係が悪化してもそのリスクは最小限で済みます。

これほどまでに理にかなった出会いの宝庫は他にありません。
ですが… ナンパは相応の経験やテクニック、そして強い精神力が必要で、誰しもが簡単にというわけに行かないのも事実です。

リアルコミュニティもダメ。

ナンパはできない。

ナンパがダメなら「出会いサービス」を駆使

大丈夫です。
IT技術が進化した現代では様々なネットサービスが普及しており「出会い」に関しても例外ではありません。
ネットの出会いというと一昔前の"悪質出会い系"を想像する方も多いかもしれませんが、出会い系規制法や警察の取り締まり強化によりここ10年で環境がガラッと変わりました。

今や普通の女子大生やOLがFacebook・Instagramに登録するように一般的なツールとして確立されています。
特に大手が運営する会員数50万〜100万人規模のメガサイトでは連日何千組という男女が出会い、羨ましい関係に発展しているのです。

その他にも「SNS・友人紹介」「キャバクラ・ガールズバー」という方法がありますが、
「セフレ作り」に特化して検証した場合、即効性・コストパフォーマンスの点でも出会いサービスに勝るものはありません。

全ての条件を満たしたネットを使わない手はない!

お奨めの出会いサービス

無数にあるネットサービスですが、一体どこを選べばいいのでしょうか?
IT技術が進化して何百というサイトが存在する中でも、
常に一定数の女性会員いて継続的に新規会員が増えているサービスでなければいけません。

ここでは、当サイトが推奨する安心・安全に利用できる
セフレ作りに最適な出会いサービスを「単刀直入」に紹介していきます。

当サイト推奨出会いサービス

規模感と実績で選ぶなら「ハッピーメール」
スクリーンショット画像

大手コミュニティの中でも圧倒的に存在感のあるハッピーメール。
10代〜30代後半まで数十万人の女子が利用しています。

とにかく規模が大きく日々新規会員が増え続けている"最も活気がある出会いサービス"と言っても過言ではありません。
初心者でも数打てば当たる理論でメッセージ交換やアポまで比較的容易に進むことができ、入門サイトとしてもお奨めです。

質を吟味するなら「ペアーズ」
スクリーンショット画像

Facebook連動系出会いサービス最大手のペアーズです。
女子の年齢層は23〜30歳のレンジに集中しており、どちらかと言えば真剣恋愛を目的にした利用者が多いのが特徴です。
そのせいかプロフィールや本人写真も充実していて容姿や素性を吟味したい人にはイチオシのツールです。

ではセフレを作ることはできない?と言えばそんなことは無く、初めは真剣恋愛を提にアポを取り"結果的に"友達以上・恋人未満の関係になることも少なくありません。
当たり前ですが、望んでセフレを希望する女子は少数派ですので「セフレ募集!」という露骨な感じではなく、あくまで正統派を突き通すことを心がけましょう。

参考までに、同じくFacebook系出会いサービスのOmiaiはFacebookの"交際ステータス"を参照し、交際有や既婚フラグの人は登録できない反面、ペアーズにはこの制限が無いので比較的利用しやすいサービスと言えます。

即効性で選ぶなら「ココノワ」
スクリーンショット画像

近年爆発的に拡大している出会いアプリの中で特別目立つ存在がこの「ココノワ」です。
特徴としてはやはりそのレスポンスの良さによる即効性。

従来の出会いサービスがEメールだとしたら、ココノワはLINEです。

何してるの?

暇してるよ〜

今から合わない?

いいよ、何時?

なんてやり取りがリアルタイムで進行するイメージです。
今すぐセックスがしたい!という緊急性が高い方は迷わずインストールですね。

若い女子が好きなら「PCMAX」
スクリーンショット画像

SEXするなら断然10代、20代前半の若い子がいい!!
という人に絶対的にお奨めするのがPCMAXです。

セフレ探しに特化した利用のコツとしては『今からあそぼ』というカテゴリに絞り狙い撃ちすることです。
"今寂しい"という女子が一番成功率が高く話が早いというシンプルな理論です。

賞金付きの写メコンテストの実施などにより女子の写真掲載率が高いのも同サイトの特徴です。

運営会社で選ぶなら「YYC」
スクリーンショット画像

YYCは一世を風靡した「mixi」を運営する株式会社mixiの子会社Diverseです。
mixi時代に培ったセキュリティノウハウをフィードバックし、不正アカウントやサクラ排除の精度は素晴らしい。

会員数もさることながら、安心して出会いを探せるサイトとして自信を持ってお奨めできます。

効率化が重要

さて、ここまで読んでいただいた方は

Hしたいけどパートナーがいない女子は450万人もいる。

学校やコミュニティでセフレを作るのはリスクが高い。

ナンパがベストだが、それができないなら出会いサービスを駆使する。

というところまでは理解してもらえたと思いますが、次に大事になるのが「効率」です。

効率という観点からも出会いサービスの利用は理にかなっています。
通勤中や休み時間なんかに登録女子を検索し、レスポンスのあった子から順に対応してアポイントを取っていくのです。

「1人に的を絞り、あの手この手で手懐けセフレ化する。」
というのも一つの手ですが、本命や日常生活がある中でセフレに割ける労力や時間には限りがあります。

限りなく手間を掛けない新規開拓と複数のセフレを上手に管理するテクニックを身につけることで更に充実したセックスライフをおくることができます!

セフレ美少女

セフレ関係を継続させるには

中長期にわたりセフレ関係を維持したいなら女子側の複雑な心境を理解する必要があります。
男性にとっては性欲を処理するだけの関係であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

しかし女子の心境としては「いつかは本命彼女に昇格できるかも!?」とか「優しくされたい…」といった性欲処理以外の理由が存在する場合が多いのです。
中には完全にセカンドでよくて気兼ねなくセックスを楽しめればいいという子もいなくはないですが…

誘う美女

関係をうまく継続させるにはこれら女子の目的や心境を読み取らなくてはいけません。
もちろん、そのために正式に交際したりする必要は全くありませんが、本命昇格を望んでいるならどことなくその期待感を残しつつ接したり、たまにデートっぽいことをして欲求をみたしてあげると結果的に美味しい関係を維持できることが多いですよ。

最後はスマートな別れを

当サイトはセフレの作り方を解説する場ですが、実は"別れ方"がとても大切です。
女子側から「こんな関係良くない」とか「頑張っても本命になれないなら…」とか切り出してセフレ関係解消に向かうのであれば大きな問題はないですが、男性起因で別れたい場合は注意が必要です。

大前提として、女子はとても繊細で自分勝手な生き物です。
自分から切り出した別れであれば「ゴールの無い恋は諦めて新しい人を探すよ」なんて前向きに解釈してくれるのですが、
男性から切りだされた別れに対しては、

「カラダ目的の最低な男」

「詐欺師!騙された!」

「地獄に落ちろ!」

と激しい剣幕で攻め立てられます。
そのくらいなら"はいはい"と聞き流してればいいのですが、タチの悪いケースでは、

・本命へチクりが入り過去のセフレ関係が露呈

・職場や学校に乗り込まれる

・"強姦された"と根も葉もない被害届を出される

など想定外の被害を被る可能性もあります。

浮気を責められる

これらリスクを回避するためにも女子側からの別れや自然消滅に持っていくのが最も理想的と言えますが、どうしても自身から関係解消を告げなければならないときは最善の注意を払って処理しましょう。

そしてこの「別れ問題」に対してもネットでの出会いならリスクを最小限に抑えることができます。
共通の知り合いが居ないことや自身の情報が限りなく少ないことから万が一別れ際に揉めたとしても被る被害を軽減できるのです。

セフレ攻略マニュアル

セフレ攻略を伝授します!

当サイトでは定期的にHOW-TO形式のセフレ攻略方法を掲載しています。
より具体的なシチュエーション別対処方法や中級〜上級編のテクニックをレクチャします!